ビタミンC美容液

MENU

ビタミンC美容液の選び方!化粧水との違いって?

 

ビタミンC化粧品といったら化粧水が最もポピュラーですが、ビタミンC美容液もあなどっちゃいけません!

 

 

ビタミンC化粧水とビタミンC美容液の大きな違いは使用されている成分・テクスチャーの違い!


 

 

ビタミンC化粧水 ビタミンC美容液
主に配合される成分

水溶性ビタミンC誘導体、
新型ビタミンC誘導体

油溶性ビタミンC誘導体、
ピュアビタミンC

テクスチャー ローション系 オイル・ジェル系
価格 安め 高め

 

ビタミンC美容液に多く含まれる、油溶性ビタミンC誘導体やピュアビタミンCは
化粧水と比べると、じっくり、長く時間をかけて浸透するところが特徴

 

 

イオン導入はできませんが、その浸透力は化粧水よりも優秀、つけるだけで肌の奥からケアが出来るのが良い所♪
ピリピリした、などのトラブルが少ないのもメリット

 

また、化粧水タイプは汗かきや脂性肌の方は流れやすくなってしまいますが、美容液タイプにはその心配がないのもメリットですね。

 

 

ビタミンC美容液を選ぶポイント 3つ!

 

ビタミンCの濃度に注目する

ビタミンC美容液は、肌への刺激は少ないタイプが多いため高濃度タイプを選んでもOK

 

使い心地で選ぶ

ビタミンC美容液の中でも、油分多めなオイルタイプはべたつく場合があります。ベタつきが気になる人は注意して選びましょう

 

毎日使用できる価格で選ぶ

化粧水同様、ビタミンCはとりだめができないため、毎日続けることが大切。美容液は高額なものが多いですが、続けられる価格のものを選びましょう

 

 

ビタミンC美容液|おすすめはこちら!

ビーグレン Cセラム

ビタミンCの種類 ピュアビタミンC (7.5%)
価格 1800円
容量 7日分

ピュアビタミンCを肌にダイレクトにお届け

他社がビタミンC誘導体を使用する中、ピュアビタミンCを配合しているのはビーグレンだけ。

 

ベタベタせずサラっとした万人受けする使い心地

また、油溶性ビタミンCではないため、オイル系の化粧品でニキビや吹き出物が出来てしまう方にもぴったり!

 

伸びがよいからコストパフォーマンスも◎

サラッとした伸びの良い美容液だから、色素沈着した気になるシミに、ピンポイントでケアが出来ます。

 

ビーグレンのトライアルセット全てにCセラムが入っているので、トライアルでのお試しも人気です♪

 

 

 

 

ビタミンC化粧水ランキングトップへ

ニキビ向け シミ対策


ニキビやニキビ跡が気になる方向け



シミケア・予防ならこちら!



APPS配合の化粧水 イオン導入におすすめ


新型ビタミンC誘導体APPS入はこれ!


イオン導入向けの化粧水
お試しセットあり! 実際に使った体験談


1000円台から買えるトライアルセットはこちら


実際に化粧水を使ってみた口コミレビュー