シーボディVSサイクルプラス どちらがおすすめかガチ比較

MENU

サイクルプラスVSシーボディ ガチンコ比較!【写真あり】

 

ビタミンC化粧水のシーボディVCローションと、サイクルプラス。
どちらも使った管理人が、どっちが良いのか比較しました!

 

比較ポイントは主にこちらです。

 

 

  • 化粧水の使いやすさ・香りやベタつきなど
  • ビタミンC成分の比較
  • 保湿成分が入っているか
  • 添加物が少ないか
  • 初回の値段が安いのは?
  • 継続した時コスパが良いのは?

また、実際に使ってみて管理人が継続したいなと思ったほうを紹介しています。選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

 

まずは簡単にスペックを比較してみましょう。

 

サイクルプラスとシーボディ スペック比較表

商品名 サイクルプラス シーボディ

初回価格 2800円 1800円
セット内容 エンリッチローション&パウダー(一ヶ月分)

メイク落とし(7日分)
洗顔料(7日分)
乳液(7日分)
クリーム(7日分)

VCローション(化粧水20ml)、

薬用VCエッセンス(美容液8ml)
VCビタール(保湿クリーム×7日分)、

容量 約1か月分 約7日分
1日辺り 約93円 約266円
通常価格 2800円 8000円
成分 APPS VC200
無添加

パラベン.アルコール.ケミカル紫外線吸収剤.鉱物油 .動物性原料(ほ乳類)石油系界面活性剤 .着色料 香料.特定原料材(卵・乳・小麦・そば・落花生)

無香料・無着色・パラベンフリー・アルコールフリー・界面活性剤フリー・鉱物油フリー

公式サイト 公式ショップ 公式ショップ

 

サイクルプラスvsシーボディ | 化粧水の使い心地や香り、ベタつきなど使用感を比較

サイクルプラスもシーボディも、どちらもシャバシャバ系のローションです。
肌に乗せるとすーっと浸透していくような感覚は似ていますね。

 

 

サイクルプラスの方が若干黄色がかっています。いかにもビタミンCっぽい色です(^_^;)
香りはどちらも無香料となっています。臭いといった香りもありません。

 

 

 

塗ったあとの肌の状態は、若干サイクルプラスのほうがシットリ感が強いかなという印象です。しばらくたっても潤いが持続しているのがわかります。

 

どちらもピリッとした刺激を感じることなく使用することが出来ました。

 

 

サイクルプラスvsシーボディ |成分を比較

ビタミンC化粧水で注目したいのは、まずはどんな種類のビタミンC誘導体が配合されているかどうか。
また乾燥しやすいので、保湿成分が入っているかも気になります。

 

この2つの成分が入っているかどうかと、あとは無添加であるかどうかも気になりますね。
特にイオン導入での使用を考えている方は、できれば添加物が少ないほうが、肌にとってもありがたいことです。

 

ビタミンC誘導体を比較

サイクルプラス シーボディ

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)

イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(VC200)

まずサイクルプラスには、新型ビタミンC誘導体APPSが配合されています。これは、水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体の良いとこどりとも言われているビタミンCです。

 

普通の化粧水に使用されているビタミンC誘導体といったら、水溶性ビタミンC誘導体ですが、このデメリットはとても乾燥しやすいという点があります。
その点新型タイプは、乾燥しにくくなっており、かつ浸透力も従来の100倍といわれるため、上位型のビタミンCといえますね。

 

シーボディに配合されているVC200はそのAPPSよりも更に浸透力が高く2倍とも言われている成分です。

 

その分価格は高くなりますが、成分にこだわるならどちらも優れているといえますね。

 

 

保湿成分を比較

サイクルプラス シーボディ

5つのヒアルロン酸、EGFペプチド、FGFペプチド など

プラセンタエキス、ビタミンA,E など

どちらも保湿成分をしっかり配合しています。
他のビタミンC化粧水だと、つけてしばらくたつと突っ張るような乾燥を感じやすいのですが、比較的乾燥を感じにくく、化粧水だけでも潤いを感じました。

 

 

無添加であるか比較

  サイクルプラス シーボディ
パラベン なし なし
アルコール なし なし
鉱物油 なし なし
香料 なし なし
着色料 なし なし
石油系界面活性剤 なし なし

どちらも気になる成分は控えめになっています。
敏感肌の方がさけたいアルコール(エタノール)もフリーのため安心です。

 

 

サイクルプラスvsシーボディ 価格の安さ・コスパが良いのはどっち?

成分的には、どちらも浸透力が高く・無添加ということで問題ないサイクルプラスとシーボディ。

 

そうなると決め手はやはり値段?ずっと使うものだからコストパフォーマンスが良い物を選びたいですよね。
サイクルプラスとシーボディの価格について比較していきます。

 

 

初めて買うとき安いのは?

サイクルプラス シーボディ
初回価格 2800円(1か月分) 1800円(1週間分)
送料 無料 無料

シーボディには、お試しトライアルセットがあるのですが、サイクルプラスにはありません。
そのため、少しだけ試してみたい場合はシーボディの方が安く買うことが出来ます。

 

ただサイクルプラスの方も、初めての注文の場合2800円分のクレンジングや洗顔料・クリームなどがもらえるため、お得感は高いです。

 

1ヶ月続けた時の価格

サイクルプラス シーボディ
1か月分 2800円(80ml) 8000円(150ml)
1日辺り 約93円 約266円

 

コスパの良さで言ったらサイクルプラスの圧勝になりますね。
シーボディは成分も優秀で容量もたっぷり入っているため、値段はかなり高くなります。

 

 

サイクルプラスvsシーボディ 最終ジャッジ 私が選んだのは・・・

 

最終的に私が継続しているのは・・・

 

サイクルプラスになりました。

 

私がサイクルプラスを選んだ理由

 

  • APPS配合で浸透力が高い
  • 潤い成分も豊富
  • コスパが良い

 

やっぱり他の激安化粧水と比べてAPPSが入っているのがまずポイントでした。
決め手はなんといってもお手頃価格であることですね。(*´ω`*)

 

トライアルがないのは残念ですが、2000円台で購入できるのはとても魅力に感じました。

 

シーボディは決して悪い化粧水ではないですし、使った感じは肌の調子もよくとても良かったです。
ただ毎日続けるには値段がちょっと高かったので、より続けやすいサイクルプラスを選びました。

 

個人の好みでもありますが、この2つで悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 


 

 

 


ニキビ向け シミ対策


ニキビやニキビ跡が気になる方向け



シミケア・予防ならこちら!



APPS配合の化粧水 イオン導入におすすめ


新型ビタミンC誘導体APPS入はこれ!


イオン導入向けの化粧水
お試しセットあり! 実際に使った体験談


1000円台から買えるトライアルセットはこちら


実際に化粧水を使ってみた口コミレビュー

関連ページ

サイクルプラス エンリッチローションの感想レビュー
ビタミンC化粧水 サイクルプラスのエンリッチローションを実際に使ってみたレビューです。使用感や効果は?匂いはあるのかなど良い点悪い点をレビューしました。
Sibody(シーボディ)VCローショントライアルを使ってみた
SibodyのビタミンC化粧水が入ったスターターセットを試してみました。良かったこと、イマイチな点を正直に書いています。
プリモディーネ(primo ordhine)の効果は?感想まとめ
ビタミンC誘導体化粧水のプリモディーネ(primo ordhine) 無添加化粧水で大人ニキビや毛穴にいいかなって気になっていたんだけど、実際に購入して感想をまとめてみました!
シーボディVSプリモディーネ 2つの違いとは
シーボディVCローションとプリモディーネVCローションを比較、2つのビタミンC化粧水の違いについてまとめました。