ビタミンCの成分名

MENU

ビタミンCの成分名記事一覧

 

ビタミンC誘導体の中で、断トツの浸透力を誇る「新型ビタミンC誘導体(APPS)」APPSやアプレシエとも呼ばれる新型タイプのビタミンCは、従来の水溶性ビタミンC誘導体と比較して100倍の浸透力があるといわれていますAPPSは水溶性と油溶性ビタミンC誘導体のそれぞれの良い点をもっているビタミンCであり、即効性と浸透性を併せ持った新しいビタミンC誘導体です。ピリピリとした刺激も少なく、良いことづくしの...

 
 

ビタミンC化粧水に最もよく使用されているのが「水溶性ビタミンC誘導体」です。プチプラ価格のものも多いですが、あまりに安値のものは配合量が少ない場合も多いため、避けたほうが無難。普段のスキンケアにも、コットンパックにも、イオン導入にも使用できる万能ビタミンC化粧品です水溶性ビタミンC誘導体の成分例アスコルビルリン酸Na,リン酸アスコルビル3Na,リン酸アスコルビルMg,アスコルビン酸グルコシド など...

 
 

ビタミンC化粧品の中ではオイル系化粧品によく使用されている「油溶性ビタミンC誘導体」。水溶性ビタミンC誘導体と比べ、即効性はなく使っていてもイマイチ効果が感じにくい・・・なんて方も。確かに油溶性ビタミンC誘導体は、すぐに効果を感じにくい成分ですが、そのぶんじっくりと角質層に浸透。24時間かけてお肌の奥まで浸透していきます。オイルタイプのため乾燥しにくいのも特徴です油溶性ビタミンC誘導体の成分例テト...

 
 

ビタミンCは壊れやすい成分のため、通常はビタミンC(アスコルビン酸)をそのまま化粧品で使用しても、肌へは浸透しないといわれています。そのため、各化粧品メーカーはビタミンC誘導体といった成分を使い、ビタミンCを肌の奥まで届ける事に成功しました。しかし最近では、浸透テクノロジーが発達しピュアビタミンCをそのまま肌へ届けることができるメーカーも増えています。純ビタミンCはビタミンC誘導体とくらべて、濃度...